家族葬の具体的な流れ

少人数での葬儀の流れ

従来の葬儀と同様に行える家族葬

従来の葬儀では大勢の弔問客が参列をするのが一般的でしたが、最近では高齢化が進んでいる影響から葬儀に参列できる弔問客があまりいないというケースも決して少なくはありません。高齢で亡くなられた方の場合、すでに多くの親戚、知人などが亡くなられていることは珍しくはないからです。また、葬儀というものは思いのほか遺族の人たちにとって精神的、肉体的に負担が重いものなのでゆっくりと亡くなられた方を偲び、供養をする余裕というものがありません。そのため、近年では遺族や親族などごく少人数の限られた人たちのみが参列する形式の家族葬の利用者が増えています。家族葬の流れ自体は少人数だからといって簡略化されてはおらず、従来型の葬儀と異なっているところはありません。また、火葬や法要などの流れに関しても通常のお葬式と同じに行われます。お通夜や告別式といった流れは通常のものと同様に行われます。ただし、家族葬では前述したように従来のように大勢の弔問客が参列をする形式ではないので、遺族は弔問客に対してのあいさつやお礼をするといった儀礼的なことから解放されます。そのため、少人数で行える家族葬はゆっくりと亡くなられた方を偲び、供養できる葬儀として注目されているのです。

↑PAGE TOP