様々な葬儀のこととは

少人数で葬儀を執り行うときには

様々な葬儀のことを知っておこう

葬儀は故人とのお別れの時ですので、悲しい気持ちで過ごす人が大半をしめています。特に、近親者が天に召されるという時には、悲しみしかない場合も少なくはありません。しかしながら、悔いのないお別れをすると、残された人々も明るく歩みやすいです。葬儀は、単なる別れの儀式だけでなく、故人への感謝の気持ちを再確認したり、思い出を懐かしむ時間としても考えることができるので、故人の遺志と遺族の気持ちを形にすることも可能となっています。

↑PAGE TOP