家族葬は本当に低コストなのか

少人数の葬儀の注意点

家族葬は決して安い葬儀ではない

少人数で近しいもののみで行なう葬儀というのが広まってきています。家族葬というものです。家族葬と言っても家族だけとは限らず、親族や友人・知人を呼ぶ場合もありますが、いずれにせよ普通の葬儀より少人数です。故人の遺志や喪主の意向によりこういった葬儀となる場合もありますが、注意が必要です。仕事をやめて何十年も後でご近所づきあいもないため参列してもらいたい人がいなくて少人数ということもあります。参列者対応に追われることなくゆっくりとお別れをしたいからと家族葬を選ぶ人もいます。ただ、葬儀費用を安くしたいから家族葬を選んだという方は注意が必要なのです。確かに、人数が少ないですから会場は小さくてもよいです。飲食代も少なくてよいでしょう。ただ、香典の量も少なくなるのです。家族中心のため香典は取らないという葬儀も多いです。出て行くお金も少ないけれど入ってくるお金も少ないので、トータルで見るとそこまで安いとは限らないのです。単に値段のみを見て家族葬を選ぶのはやめておきましょう。メリットデメリットがあるため選ぶ際には注意が必要です。参列できなかった親戚や友人・知人から苦情が出る場合もあるので、周りの同意を得ることも大切です。

↑PAGE TOP