葬儀で大切なこと

少人数で葬儀を執り行うときには

葬儀に求めることについて

葬儀には様々な形態がありますが、宗教や宗派だけでなく、個々の好みによって考えることもできます。故人の遺志を尊重できるように、遺族での相談も重要です。式場の担当者と綿密な打ち合わせを重ねて、祭壇や花などにも悔いが残らないように計画することも大切です。趣味趣向を強く出すこともできますが、密葬にして静かに執り行うこともできるので、状況に応じた対応をすることも可能です。悔いなくお別れすることが大切なこととされます。

葬儀に関係する僧侶の仕事の魅力

葬儀に関係する仕事である僧侶の魅力はというと、やはり命の尊さに触れられるという点です。死はすべてに平等に訪れるものであり、それから逃れることは決してできないけれど、今を精いっぱい生きることはできるということを、常に意識して充実した生活を送ることができます。加えて、生きているということに感謝の気持ちが芽生えます。葬儀を通して色々な人の人生観を学ぶことができるという点も、大きな魅力の一つとなっています。

↑PAGE TOP